年齢とともに変化する服

若い頃はとりあえず自分の好みで選んでいた服も、年齢が上がると好きだからってだけの理由で簡単に決めることはできなくなります。
例えば年齢が上がっていくと肌を露出する程度が限られてきます。
TPOさえ守ればある程度は許容されるとはいえ、年齢が上がっていくと世間から向けられる目も厳しくなってくるのです。
個性を殺してつまらない服を選ぶ必要はありませんが、年齢が上がると服を買う店もそれなりのステイタスがあると安心して選べますね。
多少は冒険したくなる時もあるでしょうが、それは小物などで楽しみ基本は控えめにする事が年齢が上がっていく際の服の選び方のポイントです。
そして何より大切なのは年齢が上がるごとにご自身の体型に合った下着を大きいサイズの私が通販で買えたや雰囲気も変化していきますよね。
それを自分でしっかり観察してどんな服が合うのかを考える事です。
若い頃には似合わなかったようなジャケットが似合う年齢になり大きいサイズのジャケットをと体型になっているかもしれませんし、苦手意識のあったナチュラルで品のあるシャツなら大人のコーディネートにも着こなせる年齢になっているかもしれません。
年齢によって肌は衰えますから若い人のように無理に肌を出さない方が安全です。
むしろほんの少しだけ肌を見せる所がある遊びのある服選びで大人の品と色気が出せるオシャレなトップスを通販ででしょう。

私なりのファッションのこだわり

私の洋服のコーディネートのこだわりは、あまり多くないです。多くないというより、ファッションやコーディネートの知識があまりないと言ったほうがいいかもしれません。
スーツ以外の普段着を選ぶときに気をつけることは、上と下に身に着けるものの色の組み合わせです。上が濃い色のときは下を薄めの色のものにします。濃い色だけで合わせたコーディネートは私には似合いませんし、薄い色だけだと太って見えてしまいます。なので2つのタイプの色を合わせることで、それぞれの色をいい具合にいかすことを目指しています。
それと柄ものと柄ものを合わせないようにしています。例えば上がチェック、下がストライプという組み合わせはちぐはぐですし、周りの人も落ち着かないのではと思います。
あるひとつの色だけで全身のコーディネートをするとへんな感じになる場合も、他の色や柄を合わせることで違和感がなくなることがあります。そのことに気づいてから買う服を選ぶときの選択肢が増えました。カラーコーディネートをしっかり勉強すれば、ファッションの幅はより広がると思います。私はそんなに知識がないのでまだまだ勉強中です。合う色や柄は年齢によっても変わるので、服を新たに購入するときは毎回悩みます。

着回しでもオシャレに着こなす

オシャレな女性服といえばトレンドを取り入れた旬な服装だと思います。ですがトレンドはさり気なく取り入れる程度で、靴や鞄など細部にまで気を遣った服装が一番オシャレだと思います。着回しでも合わせ方でオシャレに見せることは出来ます。1シーズン10着程度の服を着回していくのが一番理想的です。そのぶん洋服に使っていたお金が他の用途に回せます。ただし服を購入するときには、トレンドものは少なめに、買おうとしている服を自分が持っているアイテムとどう合わせるかを考えないといけません。せっかく買っても合わせる服がない、来年には着られないとなると悲しいですよね。あと洗濯や収納など服のお手入れも行き届いているとさらによいと思います。またTPO(時、人、場所)に合ったコーディネートも大切です。明らかにその場の雰囲気にあってない服装をしていると周りに引かれるので、その場の雰囲気に合ったオシャレをしていくのがいいでしょう。例えばライブハウスなどで動きにくい服装やヒールなどを履いていたら自分もせっかくのライブも楽しめないですし、周りにも迷惑をかけてしまいます。あくまでもその場にあった服装でオシャレに着飾って自分を表現しましょう。

40代、50代のオシャレのポイント

40代、50代のオシャレのポイントは質のいいモノを購入することと言えるでしょう。若い頃から流行のアイテムをどんどん取り入れてワンシーズン着れればいいといった感覚で服を購入している人も多いと言えますが、40代、50代になると流行にあまり捕らわれずに本当にいいもの、自分に合うモノを選ぶことが重要になってきます。何故ならある程度の年齢を重ねると安価な服だと質素に見えてしまいます。それに10代、20代なら若さという武器がありますが、40代や50代は違う武器が必要となります。そしてそれが経済力であり、また自分に似合うモノを知っているという経験なのです。あと30歳を過ぎると基礎代謝が低下してしまうので、脂肪が付きやすくなってしまいます。だからこそ体型をカバーすることが出来る服を選ぶことが40代、50代には必要と言えます。他にもポイントとしてはメリハリをつけることが重要です。いくら質がいいモノを選ぶといっても、全身ブランドでコーディネイトするのは注意しないとお金にモノを言わせる下品な感じ、成金っぽくなってしまいます。だからこそ全てブランドモノではなく、カジュアルテイストのモノを取り入れたり、さほど高額な商品ではないけど質がいいモノを選ぶようにしましょう。

クローゼットの一員になれるか

服を購入するときこだわっていることは「我が家の一員として迎え入れられるかどうか」です。我が家の一員としてこの服なら迎え入れられると思えば購入しますし、この服は迎え入れられないと思ったらスルーします。結局家に置いて違和感がないかどうか自分たち家族が居る空間に馴染むかどうかなんですよね・・・。このこだわりは結構強くて数年前からわたしはそうやって服を選んできました。現代はわざわざ街まで買い物に出かけずともネットで好きな服が買えます。誰もがスマホやパソコンから服を簡単に買えます。だからこそ買い物には注意していますよ。注意して買わないと家の中が服だらけになってしまうでしょう・・・。コレは本当に必要な服なのかを考えるのは当然のことなんです。長く着られるのかと考えるのも当たり前のこと。そんなことはとっくの昔から考えて服を買ってきました。今はそれプラス、我が家の一員になれるのか我が家に迎え入れても違和感がないか・・・それを考えるようにしています。そこにこだわるようになってから服の買い物で失敗しなくなりましたよ。買ったものはほとんど買って正解だと思う物ばかり。こういうこだわりを大切にしていきたいと思います。

服を通販で購入する際に気を付けるべきポイント

服をインターネットの通販サイトで購入する際に気を付けておくべきポイントがいくつかあります。まずは、服のサイズですが、通販サイトによってサイズの測定方法が異なってきます。同じMサイズでも差が出てきてしまうため、店舗ごとのサイズ一覧や測定方法をチェックしておく事がポイントとなります。通販サイトのページにサイズに関する詳細が載っている店舗で購入すると安心です。また、購入前に自分の身体のサイズをしっかりと測って把握しておく事も購入する前のポイントとなります。次に返品対応が可能な店舗であるか確認しておく事も重要となります。万が一、試着をしてサイズが全く合わなかった場合にスムーズに返品出来る体制であれば気軽に返品する事が出来ます。あらかじめ返品に応じてくれる店舗であるか確認しておくと安心です。次に服の写真が出来るだけ複数の角度から撮影されていると服全体のイメージが付きやすく、届いた時にも画像で見ていた服との差が少なくなります。画像が少ないと服が届いた時にイメージと違ったというケースは非常に多いです。様々な角度から撮影された服の画像があると良いです。以上、通販で服を購入する際には、慎重に選ぶ必要があります。

目の錯覚効果を上手く活用する

体のラインが気になる部分は上手く隠したほうが、その部分が強調されないので痩せて見えると思います。
二の腕が気になる場合はふくらみのある袖を利用したり、ゆったりした七分袖などだと腕の太さを上手く隠すことができます。

また、ボーダーは横縞だと膨張して見えてしまうので、痩せて見えるためには縦縞のものを選びたいものです。

また、ベージュ色などは膨張して見えるので青や紺色などの濃い目の色を選ぶと良いと思います。
肌の色によって似合う色や色の濃さが違ってくるので、自分に合った色を見つけることも大切です。

また、痩せて見せたいばかりに、真夏の全身真っ黒で、体を全て隠してしまうような服装だと、見た目の印象が悪くなってしまいます。
夏は暑さを感じさせないような清涼感のある服装を心がけたいものです。

首周りや、手首、足首などを見せる服装の方が、体型が痩せて見えやすくなるかもしれません。
また、ハイウエストなどの服装にすることで、脚の長さを強調すれば、スタイルが良く見えやすくなるので、痩せ効果も期待できると思います。

お腹周りは特に気になるところですが、チュニックなどを上手く利用することで、ウエストの太さをカバーすることができます。
スリムタイプのパンツと合わせることでスッキリ感も出やすくなるでしょう。

スタイルをよく見せる服選び

スタイルを良く見せる服選びは、チュニックやシャツ・Tシャツなどにおいて、前側と後ろ側で色の違いや柄が入っているとインパクトがあるのでスッキリ見えます。また、首回りも重要になり丸襟・V型など様々な形があるのでスッキリ見せたい場合にはV型は最適ですし、ちょっと優しい雰囲気にしたい場合は丸型にすることで女性らしい印象になります。首元をスッキリさせることで印象が大きく違いますし、首元にスカーフ・ストール・アクセサリーなどワンポイントおくだけで印象が大きく異なるため、ご自身でどういった印象にしたいか、まずはイメージして服選びをするとスムーズにできます。やはりスタイルをよく見せたい場合は上下において対照的な服を組み合わせることで、スッキリ見えるのでなかなか良いです。ロングスカートなど流行りですが、ウエスト部分をスッキリさせることで、引き締まった印象になり、そしてシャツなど前側をインした後ろ側を出すだけでも大きく印象が異なってスタイルよく見えるので洋服選びのポイントになります。シャツやTシャツなど何種類か持っているとスカートやパンツ類と組み合わせも自在にできますし、着こなし方をちょっと工夫するだけでスタイルよく見えます。

自分の思いだけで服は選ばない

40代ともなれば、自分の好きなスタイル、コーディネートが確立している場合が多いかと思います。家族が居る人。そうでない人。その辺りによっても違ってくる事でしょう。私の場合ですと、主人と成人した男の子が1人の3人家族です。この場合ですと、主人と出掛ける時と、子供と出掛ける時とで選ぶ服が違ってきます。主人と出掛ける時は女性らしさが前面に出た洋服でも大丈夫。車で出かける事がほとんどですし、足元も華奢なモノでも大丈夫です。しかしながら息子と出掛ける時になると、女性らしさが前面に出た様な服装では息子とのバランスがおかしな事になります。かと言って母親感満載なのもちょっと。適度にカジュアルな感じもあり、女性らしさも少し加え、、と少々考えなければならないコーディネートが必要になって来ます。足元に至っては、電車で出かける事が多い事もあって、しっかりと歩けることがメインとなって来ます。本屋さん巡りなんかも多いのでスニーカーが多く登場します。1人での外出になるとこれはもう好きな洋服で大丈夫。足元も特に難しく考える事はありません。40代の服選びで気をつけるべきポイント、それは同伴者への気配りだと思います。今まで色々と試して来たコーディネートの知識がここでやっと花開く・・そういう時期だと思います。

着回しに一番効果があるアイテム

洋服を年ごとに交換したり、流行に合わせて買ったりすると、すぐお金がなくなってしまいます。そんな時に着回しをします。大きいサイズのニットワンピースをうまく着回しをすることによって、プチプラで、毎日同じ様に見えないおしゃれを習得できます。ぜひ参考にしてください。まず、季節感が大きいものは、1点に絞り、後の洋服は、モノトーンで、あまり流行りに乗らないシンプルなものを選びます。例えば、トップスに焦点をあてます。トップスは、白っぽい色をチョイスします。白、黒、は着回しに最適です。特に、白は、履物、パンツスカートに比べて主張が小さい部分になります。なので、トップスには、白っぽい色をおすすめします。次に、パンツ、スカートの選び方です。特に、重要視しているのが、デニムパンツです。生地はあまり主張しない、中間の色をおすすめします。デニムは、フェミニンなトップスはナチュラルな大人っぽさを演出、ガーリーなトップス、シンプルなトップスと万能です。3着違ったトップスをもっているだけで、5日は上下を上手くコーディネイトできます。スカートに関しては、ベージュ色、黒をおすすめします。黒は、下に履くことで、身体がしまって見えたり、シンプルに着れたりといいことが多いですが、一番は着回しが出来る事です。トップス白っぽいもの、デニム、黒、ベージュ、のスカートがあれば、何回も着回しができます。ぜひ、参考にしてみてください。