着痩せする服選びのポイント

着痩せして見えるにはベージュや白、パステルカラーなどの膨張色を避けるとよいと一般的によく言われています。確かに色選びも大切なのですが、これまで着痩せして見える服選びを心掛け、色んな服を試してきた結果思うことは、一番重要なのは服の生地選びだということです。ハリのあるしっかりとした生地を選ぶのが大切です。なぜかというと、ガーゼや薄手のリネンなど柔らかめの生地だとどうしてもボディラインをひろってしまうからです。シワ加工やプリーツ加工も体の丸みを強調してしまうのでおすすめできません。どうしてもプリーツ加工の服が着たい場合は、プリーツの幅が広いものを選ぶとよいでしょう。細かいプリーツだとどうしても膨張して見えます。ハリのある生地は直線的な見た目になるのでボディラインが目立たず、簡単に着痩せして見えます。シャツ、スカート、パンツはやや厚手の生地がよいです。夏はどうしても薄手になりますが、オーバーサイズでなるべく透け感のないものを選ぶとすっきりした印象です。パンツはワイドでストレートなラインのものが足が痩せて見えます。冬に着るセーターはモヘアなど柔らかいふんわりしたウールのものは特に太って見えるのでNGです。アラン模様など編みこみのあるセーターよりも、シンプルなデザインで毛足の短いローゲージの毛糸で編まれているセーターだと着痩せするのでおススメです。生地選びさえ間違わなければ、意外と白などの膨張色でも大丈夫なので、色を限定することなく服選びを楽しめます。

ぽっちゃりさんの服選びとは

ぽっちゃりさんが洋服を選ぶとき、失敗しがちなのが「体型を隠しすぎる」ということです。太っていることを隠すことにばかりとらわれてしまうと、更にぽっちゃりして見えるという悲劇に見舞われます。ぽっちゃりさんが服を選ぶ際のポイントは、まず、膨張色といういわれる暖色系よりも引き締めカラーと言われる寒色系を取り入れることです。ピンクや黄色より、黒や青の方が引き締まって見えますよね。そして着やせの鉄板であるIライン、Xラインを意識することです。IラインとはIの字があらわす通りストンと長方形を描くようなラインを作ることです。そう言うラインを作るのに便利なのがロングカーデやロングジレです。目の錯覚も手伝ってウエストラインがスッキリ見えますから重宝します。次のXラインというのはXの字のようなウエストをきゅっと引き締めるシルエットのことです。ぽっちゃりさんはウエストを隠したがる人が多いですが、思い切って強調したほうが着やせして見えるんです。トップスをインしてスカートをはいたり、ウエストマークの太ベルトをつけたりするとXラインが簡単に作れます。また、ぽっちゃりさんでも細い部分である首、手首、足首を出す洋服も着やせ効果があります。首が詰まったものよりVネックのトップスの方がスッキリ見えますし、二の腕が見えるよりは七分袖の方が細い手首に視線をもっていけます。ミニスカートよりミモレ丈のスカート、足首を見せるクロップドパンツも有効です。ぽっちゃりしていると隠す方に意識を向けがちですが、ちょっとの工夫でスッキリして見えるんです。トップスやパンツなど単体で考えるのではなく、トータルで見たときのシルエットを考えるのがポイントです。

40代女性の服選びのポイント

40代に突入して、服の選び方がわからなくなったという方は少なくありません。40代の世代の女性が服を選ぶときには、いくつかのポイントがあるので紹介しましょう。まず40代女性にとって、服選びで大事なポイントは、露出しすぎない「きちんと感」です。ある程度若い年代の女性が、胸周りが見えやすいトップスやミニ系のスカートをはいても、若くていいねとなります。ただ40代になると、若い子と同じ服だと、やはりムリ感が出てきてしまいます。ちょっとイタイとも思われやすいですので、40代は露出の激しすぎない、きちんとした服を選ぶことがひとつのポイントになります。さらに、キレイめの服を選ぶことも、大切なポイントになります。若い時期なら、おしゃれで、穴あきジーンズやダメージ風の素材を選んでいても似合いますが、40代になると、よっぽどうまく着こなさないと、大変難しくなります。ですので、きれいめなアイテムを選ぶことをおすすめします。そして、流行りに行きすぎないことも重要なポイントです。たとえば、ダボッとしたアイテムが流行っているとしても、40代になると、体系的に合わない場合があります。ですので流行にとらわれずに、自分のスタイルにあったサイズのものを着ることが大切になってきます。

ウエストが大きすぎて失敗

私は少し大きめのゆったりしたウエストサイズのパンツを探していました。
しかし、ちょうどいいサイズが見つからず、結局、デザイン重視で予想よりも大きいサイズのウエストのパンツを購入しました。

トップスを重ね着した場合や、厚めのトップスをパンツの中に入れて着れば、多少ウエストが大きくても大丈夫だと思いました。
確かにパンツを購入した時は、少し緩く感じましたが、割と自分にぴったりサイズだと思いました。

ですが、その後、体力作りのためにジョギングを始めることにしました。
その為、予想以上に腹筋が付くようになり、同時にウエストも以前よりも引き締まって、細くなってしまいました。

結果的には嬉しいことなのですが、大きめのウエストのパンツを購入してしまったために、以前はちょうど良かったサイズが、今では少しブカブカになってしまいました。

その為、ベルトで調整して穿くようにしていますが、それでもウエストが大きいのが目立ってしまいます。
私はボトムスを購入する時、ゴムで自由に調整できるものは避けています。

その為、どうしてもウエストのサイズが決まってしまうので、今回のように予想外にウエストが細くなった場合のことを考えていませんでした。
今後は大きいサイズを購入しなくて済むように、今の体型をキープできるように頑張りたいと思います。

シックな服で株を上げる

わたしはアラフォー世代です。アラフォーになるとファッションはシックな方が周りからの視線が痛くありませんよ。間違ってもアニマル柄は着てはいけないと実感しました。アニマル柄が着られるのはアラサーまで。アラサーならヒョウ柄とかゼブラ柄のような派手系ファッションがギリギリ許されます。実はアラフォー世代は難しい世代でして・・・。この世代を超えて60代70代くらいまで年を重ねてしまえばアニマル柄だろうがキラキラスパンコールだろうが何でもありなんですけどね・・・。おばあちゃんと呼ばれるような世代の女性で、髪をキレイに染め上げてメイクもばっちりの女性が居ますが、そういう女性は目を引く派手な服がよく似合うのです。その年代になったから派手な服や着たい服を身につけることが出来るんじゃないかな・・・と思います。アラフォー世代はそれが難しいのでシックな服装を心がけましょう。出来るだけ柄が入らない無地の服が良いですよ。ワンポイントくらいなら問題ないですが柄物より無地の服の方が応用範囲が広がります。組み合わせやすく長く着ることが出来ます。わたしはアラフォーになってからシックなファッションを徹底して株が上がりましたよ。

私が実践する体型カバーコーディネート

私が体型カバーコーディネートについて日々実践していることは、実際の体型よりも、ワンサイズ大きな服を着用することで体型をカバーになるのではないかということです。
私が実践している方法の中でも、長め丈トップスでお尻を隠すと言うことは、非常に大切にしていることです。
長めのカーディガン等を着てタルタルのお尻を隠してしまうことこそ、着痩せの着こなし術であると考えております。
また、それとは別に、柄物のチュニックで人々の意識を柄に向けると言うことが非常に大切であると考えております。やはりプリント柄が派手であればある程、人々の意識は、プリント柄に集中するので、柄物のチュニックは、手放せないアイテムです。
またVネックを着用して、顔周りをスッキリさせることも必要なことです。顔をスリムに見せることによって、体型も引き締まって見えると言う相乗効果に繋がります。私は、Vネック着用も非常にお勧めします。またワイドパンツも体型カバーには効果的です。私がお勧めしたいワイドパンツは、ふんわり広がるガウチョパンツです。パンツのフレアラインに人々の目線が集中するので足に自信が持てない方にもオススメのアイテムです。

コーディネートで重視するポイント

服をコーディネートする際に重視するポイントとしてます挙げるのが全体のバランスと与える印象ということが出来ます。年相応のファッションになっているか、ナチュラルで品がある服のファッション通販かどうかを必ずチェックする必要があります。特に初対面の相手の場合は洋服やメイクによる第一印象というのは非常に大切です。次に重視するポイントは自身の体型をカバーできているかどうかと言えるでしょう。例えば白が膨張色であるのに対して、黒が体型を引き締めて見える事は知っている人が多いと言えます。だからといって全身を黒でコーディネイトしてしまうと今度は重たい印象を与えてしまいます。だから色のバランスもかなり重要なポイントと言えますし、自分に合う色やデザインを知ることが洋服選びの第一歩と言うことが出来ます。最初は自分で分からない場合は店員に相談するといいですし、カラーコーディネートに関する知識も今はネットで簡単に手に入れることが出来ます。だから相性がいい色の組み合わせを何パターンか知っておくと、スカートで着痩せ効果を狙うには大きいサイズの洋服選びが応用できます。あとは季節感のある色やデザインを取り入れることもポイントです。1年中定番のアイテムばかりでは代わり映えがないので、流行色や季節感があるアイテムを上手にコーデしてみて下さい。

私が通販で服を購入する理由とは

私がネット通販で洋服を購入するようになった理由はただ1つです。そこに可愛いもの、カッコイイもの、自分が好きなものが売っていて、簡単に買うことが出来るからです。出不精な私ですが、洋服を見たり、買ったりするのは好きという矛盾があるのですが、ネット通販での購入ですと、その矛盾が解消されるのです。都内に出て、好きなデザインの洋服を購入するよりも、ネット通販で購入する方が、お得な感じがします。自分で歩いてお店を見ると、試着が出来るというメリットがありますが、一日に何件も歩くことが大変ですから、それがネット通販だとスマホで空いている時間を見つけて、自分の好きな洋服を探して、お気に入りに登録しておき、空いている時間に購入することが可能です。今は、時間にもよりますが、翌日に届くこともあるので、ネット通販での購入でも不自由なく買いものが出来るのです。通販ですと、ポイントも溜まるということもあるので、それも買い物好きとしては魅力です。通販の方が、バーゲンやセールをする率も高いような気がしますので、同じ商品ならできるだけ安く手に入れた方が良いですから、ネット通販を利用します。海外ブランドも安く購入できるのも魅力です。

大きいサイズの服をすすめる理由

30代を過ぎたあたりから、洋服のMサイズがきつくなってきました。仕事柄座り仕事が多く体系がだいぶ肥えてきてしまいⅬサイズの洋服のほうが体系に合うようになりました。しばらくするとLサイズの洋服もきつくなってしまい大きいサイズ専門の洋服ブランドで洋服を探すようになりました。最初は、大きいサイズの洋服専門のブランドなんてサイズが豊富なだけでデザインやカラーバリエーションなんて二の次なんだろうなとネガティブなイメージをもっていましたが、実際はまったくそんなことはありませんでした。わたしが初めて利用した大きいサイズ専門の洋服ブランドには、20代から40代くらいまでの年代向けのおしゃれでとてもわくわくするようなデザインの洋服がそろっていてとてもテンションが上がったのを覚えています。また、体型が大きい人にありがちな悩み別にいろいろなアイディアが満載の洋服になっており、普通の洋服ブランドの服を着るより専門ブランドの洋服のほうが快適に過ごすことができると実感しました。特に、わたしは太ももが太く普通のブランドの洋服だと股ずれを起こしてしまいズボンに穴をあけてしまいますが専門ブランドの洋服には股ずれ防止用の裏地がズボン内部についているので安心してはき続けることができます。わたしは今後も大きいサイズ専門のブランドから洋服を購入しようと思います。

初めての服のネットショッピング

私の買うような服は試着が出来ないものが多いのでネットショッピングではなかなか購入出来ずにいました。ですが、早急に高齢の母のTシャツが必要になり、色々検索してみました。
安い商品を購入する時、私が重宝してるのは、Amazonプライムです。私が送料のかかる買い物をする時、たいてい送料は値段の3割程度になります。そうかといってリピートではなく初回購入の場合、たくさん購入するのにも抵抗がありますしね。それで、色々調べましたが、Tシャツ1枚ですから、結局、プライム対象商品から購入致しました。値段が手頃だったのとデザインが気に入りました。そして、プライムだと商品が届くのがはやいのがよいです。
予想通り、商品が届いたのははやかったです。ポストに入ってましたので取りに行かなくてもよいのは楽でした。ですが、サイズが、女性の2Lにしては見るからに小さい。小太りの母には入りませんでした。只、私は衣料品店でTシャツを探すと一番、数が多いサイズ、普通のMなのですが、サイズが丁度よかったので、私が着てます。私がデザインを気に入って選びましたので、その点はまあ満足してます。それにしても、メールでサイズをよく確かめて購入すればよかったかなあと思います。