未分類」カテゴリーアーカイブ

大人女子におすすめの秋color

大人女性におすすめなカラー、ロイヤルブルーとマスタードイエロー。
この秋はこの2カラーを意識して素材や形でファッションを楽しむのはいかがでしょうか。
例えば素材はコーデュロイ。秋らしい予感をさせる特徴的な素材です。
ロイヤルブルーは新鮮で落ち着きのある色なのできちんと感が出ます。オフィスファッションやプライベートファッション、どんなシーンにも馴染んでくれるのがロイヤルブルーの魅力。大人の余裕を演出してくれます。ジャケットでもボトムスでも体に合わせやすいアイテムを選んでみませんか。
そしてマスタードイエロー。この色はボトムスにもってくるのがおすすめ。暖かみの中にもハツラツとした印象を受けます。白か黒で薄手のすっきりとしたニットセーターと合わせると秋らしく清楚なコーデになります。
ロイヤルブルーもマスタードイエローも目を引く色なので、シンプルに着こなすことを意識してバッグや靴、アクセサリーは控えめにするとファッションのバランスが良くなります。
どちらの色も「だんだんと涼しくなってくるな…」という気持ちにさせてくれるオータムカラー。
ひんやりとした風を感じながら、落ち葉の絨毯を歩き進むような凛としたイメージの大人女性のファッションです。

ぽっちゃりさん向けおすすめワンピースとは

体型が気になるぽっちゃり女子やマタニティ向けのワンピースとしておすすめなのは
ゆったり目のTシャツワンピースです。
重ね着次第ですべてのシーズンに対応可能なのでコスパも良く、なおかつ汗をかいても服がそれを吸ってくれるので長時間快適に過ごすことができます。さらに汚れたらお家の洗濯機で遠慮なく洗うことができるので、クリーニングに出す手間も費用もかからないのも嬉しいポイントでしょう。コスパが良く、お手入れや着心地といった点を重視している方にはこういったワンピースが特におすすめです。

また、身体のシルエットが出るのが嫌という場合は、ジャンパースカートや生地にハリがあり身幅にゆとりが多いワンピースを選んでみましょう。これなら風に煽られても身体に生地が貼りつくことがないため、体型がモロに出てしまうこともありません。

それでもまだ気になるという方は、ワンピースに羽織物をレイヤードしてみてはどうでしょうか。長めの羽織りを着用することで、縦長のラインになり実際よりもほっそり見せることができます。それと同時に気になる部分も隠すことができるため、よりスッキリとした印象でワンピースを着こなすことができるはずです。

ワンピースはウエストマークしたりレイヤードするアイテム次第で着こなし方が無限に広がります。いろいろな着こなし方にチャレンジしてみて、自分にぴったりなコーデを見つけてみてください。

涼しさを感じるクリア素材

40代、50代になってくると女性は肌の露出が極端に少なくなります。それは太陽からの紫外線対策や日焼け防止の為でもありますが、年齢的なことを気にしすぎるがあまり女性としての自信を失っていたり、世間の目を気にしたりなど理由は様々。
しかし、夏ファッションでは多少肌を見せる事は清潔感やすっきりとした印象を与えることに繋がります。ここからは、気軽に夏の抜け感演出にチャレンジできるアイテムをご紹介します。
まずはクリアサンダルです。足の甲部分が透明のビニルで出来ているのでフットネイルも綺麗に見せることができ、足首の細さが強調され女性らしさを感じられます。甲全体が見えるのはちょっと…という方はサンダルのヒール部分が透明というデザインもあります。
スカートもパンツスタイルも足先にどんなタイプの靴を持ってくるかで大きく印象が変わります。そしてサンダル自体が苦手な方はクリアバックはいかがでしょうか。最近は小さめバックが主流で、小さい財布とスマホ、ハンカチが入るくらいの容量のバックが多いです。
夏に持つバックはこの小さめのクリアバックがこなれ感を引き出してくれます。クリアといっても中身が見えるわけではなく、綿のインナーバックが入っています。
この中に荷物を入れてキュッと結ぶととても可愛らしいです。このようなクリア素材がとても夏らしいムードを出してくれます。

オフィスで春を感じる大人服

大人女性の春のオフィスカジュアル、”綺麗目ファッション”としてきちんと感を感じられると同時に堅くなりすぎないアイテムが良いと思います。
急な商談や、来客にもきちんと対応できるファッションをご提案します。まず春らしいカラーを選ぶ時に、落ち着いた色味のくすみカラーはいかがでしょうか。
トップスがくすみカラーだと、どんなボトムスにもなじみやすくコーデが決まります。グレイッシュなトーンダウンした色なので、ニットやブラウスにおすすめです。
柔らかい色に柔らかい手触りで気持ちも優しく解れます。続いて大人女性の春のオフィス”カジュアルファッション”としてカーディガン活用法のご紹介です。
カーディガンは着用するだけでなく、羽織る・たすき掛け・腰巻き・肩掛けと、いろんな表情を見せてくれます。春は寒い日も暑い日もあるので淡色と一緒に紺色やベージュも揃えておいて損はありません。
個性を出したいときはアンティークブローチや眼鏡などの小物で差をつけるのもありです。カーディガンの質感とボタンの種類、模様などの細部にこだわるのも大人女性の嗜みが感じられ、素敵です。
ラフに着こなせて、冷えの対策にも効果を発揮してくれるとても万能なアイテムと言えます。

春の大人女子、洋服選びの注意点

春らしいファッションにも様々なものがありますが、40代50代の大人女子にふさわしい春の洋服もあります。そういった年代の大人女子が春に洋服を選ぶとき、気を付けなければならない点とはどのようなものでしょうか。

まず、春には明るい色を着たくなりますが、大人女子の場合、あまりに明るい色を使い過ぎるというのは、控えた方が良いのかもしれません。大人女子のファッションを考える際、「上品さ」や「落ち着いた雰囲気」というものが大切になってくると思います。
そのため、ショッキングピンクといった明るすぎる色を全身に近い部分で使うなどの色選びよりも、明るめの色を少し使うという方が、大人女子らしい上品なファッションとなるでしょう。
また、春は暖かい季節ですから、冬よりも肌を見せる部分が多くなりますが、大人女子の場合、あまりに露出度が高い服装は避けた方が良いでしょう。
スカート丈やトップスの首回りなどの部分で、そういった点に気をつけると良いでしょう。また、逆に大人女子だからと言って、あまりに地味過ぎる色、デザインを選ぶという選び方も気をつければならないと言えます。

春なのに地味なベーシックカラー一辺倒になったり、直線だけを意識したようなデザインの服のみになることにも、注意が必要です。大人女子も、上品さや落ち着いた味わいのある春らしいファッションをマタニティ服を楽しめる通販サイトみましょう。

低身長ぽっちゃ女が春の服選びで気を付けるポイント

寒い冬から抜け出すのにはもう少しの我慢が必要だけど、お正月のバーゲンセールから春物に切り替わる時期が来た!心が弾む春に低身長ぽっちゃりの私に似合う服とはどんな服か?ちょっと気後れ気味のあなたにありがちな失敗談、ポイントをお教えします。

「きれいめで、可愛らしく」こんなキーワードは良くあるけれど実際に試す時に重要なのは、入学式ママにならないこと!意外とやってしまうこの失敗。先ず新調したいスーツに要注意です。
受付の仕事をしていた私は入社して初めての春にちょっとお高めの可愛いスーツを購入しました。シャネルの様なツイードジャケットにふんわりとしたスカート。気持ちも晴れやかになっていたのですが・・・周りからは入学式のママみたいと言われる始末。

「キレイなママだね」!?まだその時25歳前の私はショックでした。確かによーく見ると胸があるのはちょっとした自慢だけれど、おしりも大き目。身長は低いのにおしりが大きくて。確かにそこが悩みだった。どすっとした体形の私はしっかりママに見える様になっていた。
スーツを華々しく着ることで余計に目立ってしまったのです。それでもやっぱり可愛いい服に目が行き購入して出社すればいつでも入学式ママになっていました。そんな私の隣にはいつも小柄なのにすらりとスーツを着こなす女性がいました。
基本は黒系で普通のスーツに見えるけれどいつもカッコいい。先ず、可愛いの概念を覆すべきなのです。
私達は体型そのものが可愛らしく見えるようで白のスーツとなれば膨張色もいいところ。春のパステルカラーは絶対に要注意。気持ちは春でも色は少し落ち着いた色を選ぶべき。「ふわっと」も禁物。
自分のおしりと足の長さに気を付けてバランスをとりましょう。姿見は必ず買うことです。自分自身の目で先ずチェックしましょう。
最後に可愛いは服のみにあらず。ストッキングやヘアスタイルでワンポイントやヘアアクセサリを駆使し、さり気ない可愛いを取り入れましょう。バランスを頭のてっぺんから足の先まで確認することが大切です。あなたらしい可愛いくいられるのはどこに注目するかです。内面からでる可愛さが本当は大事なんですよね。

意外と万能ライダースジャケット

1枚あるととても助かるのはライダースジャケット、色は黒で決まりです。
用意しておけば、寒い時期からほんのり暖かさを感じつつ、でも朝晩冷え込む春までアウターとして、万能な仕事をしてくれます。
メンズっぽい印象を与えそう、今まで合わせたことがない、そんな大人女子でも大丈夫、思いのほかコーディネーしやすいのも黒のライダースジャケットだからです。黒のライダースジャケットとのコーディネート、冬ならカラーはホットなものを、またダークカラーなんかも似合います。
でもボトムスはどうしようと悩みますが、長めの丈を合わせればOK、それはライダースジャケット自体がロングというわけではなく、またアウターとしても小さめだからです。
コンパクトといっても窮屈な着心地になるわけではありませんし、冬時期の深い色味のアイテムと合わせる着こなしも素敵に見えます。また春になったら合わせたいのは、カラーは一気に春っぽい明るい色を選ぶことです。
パンツにこだわる必要はなく、ポカポカ陽気の春にピッタリなライトなカラーのスカートも合わせることができます。季節感アップを目指して黒のライダースジャケットを取り入れるなら、イエローやピンクなどはまさにぴったりです。またスカートは軽やかさが見てわかる、プリーツスカートと合わせると、ライダースジャケットの黒と重さも気になりません。

ぽっちゃりさん淡色使いのコツ

ぽっちゃりさんがコーィネートでしてしまいがちなのが黒の組み合わせです。黒は引きしめ効果が高い色ですが、上下を黒でまとめてしまうと、重たくなります。
淡色をベースに、黒は引きしめカラーとして使い、軽やかな印象を与えるコーディネートがおすすめです。

ぽっちゃりさんにおすすめなのが黒のピンストライプ柄のトップスです。ホワイト系をベースにしたピンストライプ柄は、清潔感が高く、ビジネスシーンにも使えます。
ぽっちゃりさんが淡色をスマートに着こなすには、縦のラインを作りだすことが大切です。膨張色の淡色も、縦ラインが感じられると着やせを狙えます。
トップスでおすすめなのがボウタイシャツです。ボウタイが縦のラインを作り、淡色のシャツをすっきりと着こなすことができます。羽織りものではロングカーディガンがおすすめ。丈はチュニック丈がベストです。
ヒップのラインを隠す程度の丈がぽっちゃりをカバーして、軽やかさも感じさせます。ロングカーディガンを羽織るときは、トップスも同じくらいの丈に合わせましょう。
縦長が強調されて着やせ効果が出ます。ロングカーディガンを羽織るとき、パンツは足首が出るテーパードパンツにしましょう。足首が見えると、メリハリが出ます。

大人女子向けシャツワンピコーデ

1枚でも様になるだけでなく、羽織って着るなど他のアイテムとの組み合わせも楽しめることで人気のアイテムが、シャツワンピースです。色々な着こなしができるシャツワンピースは、季節を問わず着ることができるので、一枚持っておいて損がありません。
シャツワンピースは若い人向けのアイテムというイメージを持つ人もいますが、色や素材・シルエットにこだわれば、大人っぽく着こなすことも可能です。
そんなシャツワンピースを羽織って着る場合に、こだわっておきたいことがウエストの位置を示すことです。羽織る形でシャツワンピースを着ると、縦のラインが強調されることになります。
ただ、ウエストアウトの状態でシャツワンピースを羽織ると、もっさりとした印象になってしまうことは少なくありません。それに対し、ウエストインや短めのトップスなどを活用して、ウエストの位置を強調しておけば脚が長く引き締まった印象を与えることができます。
大人女子ならではの上品さを引き立てたい時は、ウエストの位置を出すようにしておくと良いでしょう。さらに、足首など細く見える部分を露出するようにすれば、より綺麗なコーデに仕上がります。シャツワンピースを羽織って着る際には、内側の服の着こなし方を工夫しておくと良いでしょう。

大人女性のあったか綺麗コーデ

寒がりな私は、いつも寒い冬には厚着をしてカイロを貼って更に上には長袖のニットを着て防寒着を着てと結構着込むので、丸々と太った野暮ったいシルエットになりがちです。冬場でもおしゃれをしたいなと思っていますが、中々良いスタイルが見つからないので雑誌を見たりしながら勉強中です。

そんな私が目についたのはベストです。冬場にベストは寒いのではないかと思いがちですが、今年はベストが流行っているみたいなので私もオーバーサイズのニットベストを購入しました。今まであまり着用したことが無かったのですが、お店でマネキンさんが来ているのを見かけて、シャツの上に重ねても良いし、カットソーの上に重ねても可愛いなと思い購入しました。

オーバーサイズで長袖のものを選ぶとダラっとして締まりがない印象になってしまいますが、ベストにすることで腕回りがスッキリするので、キレイめなパンツやスカートと合わせてもバランスが取れてスタイル良く着こなすことが出来ました。オーバーサイズを選ぶことでおなか周りにホッカイロを貼ったり着込んでいても目立つことはなく、寒さ対策もしっかりできるので寒い日でも安心して切ることができます。腕が寒いと思われる方もいるかもしれませんが、おなか周りが暖かければ腕がシャツだけでも案外そこまで寒さを感じません。ぜひ、ニットベストを購入してみてください。