未分類」カテゴリーアーカイブ

大人向けサロペットコーデ

サロペットは、子どもっぽいという印象を持つ人は少なくありません。たしかに、40代50代女性がデニムのサロペットを選べば、若作りをしていると言われる可能性があります。ただ、サロペットとは肩紐と胸当てがついたつなぎ状の洋服のことで、デニムで作られたオーバーオールはその一種に過ぎません。
大人女性がサロペットを取り入れたい時は、デニムではなく柔らかく上品な印象を与える素材を選ぶようにすると良いでしょう。胸元から足先までストンと落ちるようなシンプルなデザインであれば、大人女性でもお洒落に着こなすことができます。
この時に重要となるのが、色選びです。大人っぽい印象を与えたいのであれば、黒やベージュなど落ち着きのある色合いを選んでおくと良いでしょう。サロペットのように大きな面積を占めるアイテムは、その色だけで全体の印象を左右することが多いものです。黒やベージュだと華やかさが足りないと感じるのであれば、バッグや靴などの小物で色を足していくと良いでしょう。
トップスで色を足すという方法もありますが、大人っぽい印象を与えたいのであれば、トップスも白や黒、同系色など落ち着きのある色合いを選んでおくことが有効です。色の組み合わせを工夫するだけで、大人っぽい着こなしができるようになります。

素材選びから始めよう

ぽっちゃり体型にとって、着痩せして見せることはとても重要です。サロペットって、全体的にボリューミーに見えるため、着痩せすることは難しいと思ってませんか?そんなことはありません。素材選びによっては、着痩せして見せることが可能です。

とろみ素材って聞いたことがありますか?ポリエステルを中心とした素材で、とろっとした印象で、柔らかくストレッチが聞いているので、ぽっちゃり体型でも楽に着ることができます。肌触りも滑らかで、見る人に涼しさも与えるので、まさに夏の暑い季節にはピッタリです。

また、この時には、サロペットのカラー選びも大切です。赤やピンクの場合は、膨張色であり着痩せしては見えません。それに、どこか暑苦しい印象に見えてしまいますよね。これでは、いくらとろみ素材とはいっても、着痩せして見えることはありません。

サロペットのカラーは、水色や青といった収縮色を選ぶといいでしょう。収縮色なら、体型をスリムに見せることもできますし、涼しげな雰囲気にも見せます。ぽっちゃり体型にサロペットは似合わないと決めつける前に、1度とろみ素材と収縮色カラーを試してみましょう。これまでのイメージが変わるかもしれませんよ。

40~50代のレースの使い方

レースのアイテムは華やかさに加えて、軽さ、風通しのよさや涼しさがメリット。40代~50代の体に負担のかからない優れた素材といえます。
ただし、その使い方には注意が必要です。

まず、レースはその華やかさゆえに見方によっては派手に見えたり普段使いとしてはどうなの?という感覚を持たれかねません。普段着として上手に取り入れたいのであれば、レース素材のブラウスなりスカートなどを着用した場合は、他のアイテムは無地にして抑えめにするべきです。

変に柄物と合わせるとあっちもこっちも悪目立ちする、という落ち着きのないコーデとなってしまうからです。ここはレースの美しさをグッと引き立てるためにあえて抑えた色彩のモノや無地のアイテムと合わせたいところです。

次に気を付けたいのが、お肌の露出感を極力抑えたレースのアイテムを着用する、ということです。例えば、ブラウスの袖くらいならまだ良いのですが、デコルテやバスト部分には透け感の少ない材質の裏地がしっかりついたものを着用するべきです。あまりにスケスケなものは品格の面で年齢不相応に思われてしまうものです。

コーディネートとしておススメなのは、1か所にのみレース素材のモノを使用すること。ジャケット・タンクトップ・スカートのどれか一つ。あるいは、同色の裏地付きで全身にレースをあしらったワンピースなど。
一度試してみてくださいね。

ぽっちゃりでもスッキリ夏ワンピ

夏になるとワンピースが大活躍する季節になります。ただぽっちゃり女性にとっては、今まで気になるボディラインが露出しがちになってしまうのでどういったワンピースを選べば良いのか悩んでしまうことが多いかもしれません。
ポイントとしては、体型をカバーすることばかりを考えて、たっぷり目のワンピースを選ぶのを避けることでしょう。
痩せている女性ですと、わりとゆったりサイズの夏ワンピースを選ぶ場合がありますが、ぽっちゃり女性の場合はある程度はAラインなどで女性らしいボディラインを自然に作り出してくれるデザインのワンピースを選ぶようにしましょう。
体のラインに無理なく沿っているAラインはあまり膨らむことがないのでスッキリと見せることができます。またしっかりしたコットンのものよりもポリエルテルでエアリーな雰囲気のあるシフォンワンピースなどをチョイスすると、より軽やかでほっそりとした印象に仕上がるのでおすすめです。
フレアタイプよりもストンと下に落ちるようなデザインを選ぶようにすれば、ぽっちゃり体型もナチュラルにカバーできるので満足度も高いです。こういったポイントを押さえた夏ワンピース選びをすれば、お出かけも楽しくなるはずです。

シャツワンピで着痩せを目指す

夏場に一枚持っておいて損がないアイテムが、シャツワンピです。シャツワンピはカジュアル過ぎる、若い女の子向けのファッションと考えてしまう人もいますが、40代50代女性でも似合うデザインも多く販売されています。
40代50代女性がシャツワンピを選ぶ際に、こだわっておいて損がないのが全体的なシルエットです。シャツワンピを着たくても、体型が気になるという人も多いでしょう。そんな人でも、二の腕やウエスト周りなど気になる部分を隠しやすいタイプのシャツワンピであれば、堂々と着こなすことができます。
二の腕が気になるのであれば袖周りにゆとりのあるシャツワンピ、ウエスト周りを誤魔化したいのであればベルトが似合うタイプのワンピースを選んでおくと良いでしょう。あえてベルトでウエストの位置を強調することで、シルエットを引き締める効果を期待できます。
さらに、細く見える足首は出すようにする、ヌーディーなサンダルなどを選び足を長く見せるなどの方法も着痩せを目指したい時に有効です。シャツワンピそのもので着痩せを目指すのであれば、ストライプなど細く見えやすい柄を選んでおくというのも良いでしょう。
良く見ればストライプなど、上品な柄であれば、40代50代女性でも問題なく着こなすことができます。

夏こそ活動的な柄ボトムス

夏になると開放的になりますね。今まで、モノトーンコーデでまとめていた方も、夏には少し冒険したコーディネートに挑戦したくなる季節ですよね。どうしたらよいかと悩んでいる方には柄のボトムスを取り入れることで、一気におしゃれ感がでてくる上にコーディネートの幅が一気に広がります。柄と言ってもいろんな種類がありますが、大柄のものもおすすめです。

選ぶとき、少し派手かな?と思うくらいがちょうどよいです。柄物ボトムス初の方は、誰かに見てもらうのもよいかもしれません。自分が選ぶと、どうしても落ち着いたものを選びがちになってしまいますが、自分が良いと思ったものと周りが似合っていると思う柄は結構違うからです。

実際、派手だと思っていたものが一番のお気に入りになっているという事も多々あります。

柄もののボトムスを選んだら、そのほかのものはシンプルなものを用意することが大切です。

柄×柄だとどちらも主張してしまい、喧嘩してしまい柄の良さが半減してしまいます。なので、柄にはシンプルな一色のものを合わせることが重要です。また、バッグやアクセサリー、靴などもシンプルなものを合わせて、今日の主役を柄ボトムスにすることで全体的にすっきりすることができます。

柄のボトムスを合わせて、この夏のレディースチュニックでコーディネートを楽しんでください。

夏の白で細見えするコーデとは

夏は夏にしか着られないファッションアイテムを選んで、季節を思い切り楽しみたいところです。
例えばタンクトップなど肌を見せるファッションアイテムを選ぶことで、夏らしいスタイルに挑戦できます。しかしぽっちゃり女性にとっては、肌見せスタイルは気が引けるものです。
そこで夏らしいスタイルの楽しみ方として、ぽっちゃり女性の方に向けた、白アイテムを使った細見えコーデをご紹介します。

白のカラーは黒などの濃い色と比較して、膨張色でもあります。そのため、ビッグTシャツなど全体的にワイドサイズのアイテムはおすすめできません。トップスであれば、丈が短めのアイテムを選ぶことで、人気のワイド系のボトムスが合わせやすくなります。
そして白のTシャツやブラウスを選ぶ場合は、Vネックラインのものをチョイスすることで細見え効果があります。袖はパフスリーブのデザインなどを選ぶことで、腕が細く見えます。
この手のカットソーは女性らしさもアピールできため、ぽっちゃり女性におすすめの白アイテムです。ぽっちゃり女性は、トップスで白を選ぶコーデがおすすめです。
そして合わせるボトムスは、白とのコントラストが強調できるダークなカラーを選んでみてください。すっきり見えて着やせ効果が期待できます。

白を取り入れた夏ファッション

女性にとって、40代50代は、体型も若い頃とは変わっていく年代でもありますが、また生活も子育て真っ最中から、子育てがひと段落した人、そして独身を貫いている人など様々な人がいる年代です。このような女性たちにとって、これからの夏はどのようなファッションを楽しんだら良いでしょうか。

夏は、日差しが強いため、とりわけ外に出る際には白系のアイテムを着ると、黒系に比べ、日光の暑さを集めにくく、涼しく夏を乗り切ることができるでしょう。

そこで、「夏の白」系ファッションについて、まとめてみましょう。

まず、若い頃に比べて体型が崩れてしまって、お腹周りが目立たないファッションにしたい方は、ウエストがゴムになっているゆったり目のデニムや綿のガウチョパンツや、フレアスカートを穿いて、トップスに白系のゆったりブラウスを合わせると、体型が目立ちにくくなります。ガウチョパンツは、子供と公園を走り回ったりするのにも動きやすいのでおすすめです。
なお、子育てがひと段落していて、例えば休日にカフェや美術館巡りをしたい人は、動きやすいデニムパンツに白系の綿ジャケットを合わせてもいいですね。夏ですので、カフェや美術館に入ると、空調が効きすぎて寒いという場合もあるので、体温調整できる白カーディガンなども良いです。
また、オフィスで仕事をしている方は、通勤時もしっかりと見える白のセットアップスーツも爽やかで素敵ですね。

これからの夏、ファッションに白を取り入れて、暑さを乗り切ってみませんか?

夏にはUVカットのパーカーがお勧め

忙しい女性にお勧めのUV対策の服はUV遮へい率90%以上加工のしてあるパーカーです。
ラッシュガードなどでも普段着れるような柄や色であればお勧めです。

仕事や用事で出かけなくてはならない、けれど家のこともしなくてはならないような忙しい朝、日焼け止めを付ける時間さえ無い時があります。女性なら、さすがに顔にお化粧をしないで外に出ることは避けたいと思います。お化粧の時間を作るためにもUVカットのパーカーがお勧めです。
日焼け止めを塗ることなく、さっと出かけることが出来ます。そして、もし手の日焼けも気になるようなら、手の甲まで隠れる物もあります。
何種類か色や柄の違うパーカーを用意してその日の気分や下に着る服に合わせて着こなすと良いです。
例えば仕事によっては、パーカーではカジュアルすぎてNGなこともあります。その場合は、なるべく薄手の物を選び、外に出ている間だけ着るようにすれば良いと思います。
また、パーカーならフードが付いているので頭の日焼け防止にもなります。物凄い照り付ける太陽の下でもフードを被ってしまえば安心です。
頭の日焼けは厄介です。日焼けで時にフケのようなかさぶたが出来てしまうこともあるからです。肌や頭皮のどちらにもUVカットしてくれる服はパーカーが1番だと思います。

大人にこそおススメブラウス

この数年間、人気でトレンドだったシャツワンピースは今季の春夏でも継続中です。
中でもシアー素材のブラウスを重ね着に使うのが定番化してきました。40代、50代ファッションを揃えるのにオススメなのが通販サイトストライプ柄や白などの清潔感があるブラウス。
ボウタイブラウスも引き続き人気で秋まで使えるアイテムなので一枚は持っていても良さそう。
ボリュームのあるブラウスの人気が高いのは着やせ効果もありフェミニンな印象になるからです。袖にボリュームのあるブラウス、ティアードになっており下に向かうにつれふんわりしたブラウスなどです。
最近では急に人気が高くなった首が詰まったシャツやブラウスはキチンと感があり大人の印象が強めです。詰め襟の花柄や、詰め襟で胸元までギャザーが入っていてレースっぽいブラウスは大人の印象にプラスして可愛らしさや上品さがあります。
40代の女性が選んで間違いないレディース通販色はネイビーですが、春夏だからイエローやピンクなども取り入れてみるのも良いですね。
デニムシャツも相変わらず人気が高いですが、失敗も多いです。取り入れる際はカジュアルすぎないようにインナーや小物などでレディースファッション通販で大人コーデを作りましょう。デニムシャツの色を濃い目にする事もお勧めです。